now loading..

幸遊庵で過ごす祇園祭り

7月に入ると祇園祭は始まり京都の町は、すこしずつ祭りの雰囲気になっていく。
祇園祭りのクライマックスは、17日の巡行です。
その夕刻には、八坂神社から神幸祭の神輿がでる。
16日の宵山。その夜には、八坂神社への長刀鉾のお囃子の奉納がある。
幸遊庵は、八坂神社が近く、昼間の祇園祭りを楽しんだ後、
お風呂で汗を流し、夕刻や夜の八坂神社での行事を見に行くこともお薦めです。

祇園祭り お囃子の練習 7月に入ると夕刻、四条烏丸あたりからは、祇園ばやしの練習の音が聞こえる
祇園祭り 鉾建て 7月10日から。鉾建て。伝統技法で鉾を組み立てる作業を見ることができる。
祇園祭り お迎え 7月10日。お迎え。神輿を迎える行事で、ちょうちんを立て、市内を練り歩く
祇園祭り 曳初め 7月12日。曳初め。鉾のためし曳きがされる。誰でも参加できる。
祇園祭り 宵山 7月14日から16日。宵山。昼間から山鉾を見てまわることができる。
祇園祭り 八坂神社 7月14日から17日。八坂神社も多くの参拝客で賑わう。
祇園祭り 囃子の奉納 7月16日。夜の八坂神社でお囃子の奉納。
祇園祭り 朝の新町通り 7月17日。山鉾巡行の朝の新町通り。町家の残る道での巡行を見ることが出来る。
祇園祭り 山鉾巡 7月17日。山鉾巡は多くの観光客が観覧し、昼過ぎまで続く。
祇園祭り 神幸祭 7月17日。夕刻、八坂神社の正門を出た神幸祭の神輿。
祇園祭り 神幸祭 7月17日。夕刻、神幸祭の神輿は街中を練り歩く。
祇園祭り 神幸祭 7月17日。夜、神幸祭の神輿は四条寺町のお旅所へ。24日に八坂神社に戻される。

紹介したのは、祇園祭の行事の一部です。 16日、17日、24日は幸遊庵に近い八坂神社で夕刻、夜遅くまで行事が行われます。

祇園祭りの地図
グーグルマップを開く
京町家 一棟貸しの宿 祇園 幸遊庵

幸遊庵は大正時代後期の町家の風合いを活かしながらこだわって改修した京町家の宿です。
その京町家を一棟貸し切り形態で、京都の東山で別荘感覚でご利用いただけます。
舞妓さん、芸妓さんをよく見かける人気の観光地、祇園花見小路に通じる路にあり、
京都観光の人気の地域 東山で、祇園花見小路の町並み、八坂神社、高台寺、清水寺 など
東山の観光地へは歩いて行くことができる大変便利なところです。
旅館業の取得施設の宿で安心してご利用いただけます。